神戸の水道がわかるみずトピア

ふりがな MENU

水の研究ノート

鉄でできた船がなぜ水に浮かぶの?

木と石を水に投げ込むと、木は浮かびますが、石は沈んでいきます。「どうして?」と聞かれれば、石は重いからと答えるでしょう。でも、そうなると石よりずっと重い鉄でできた船が水に浮かぶのはどうしてでしょうか?
答えは比重ひじゅうにあります。重い鉄でできた船も中身は空洞くうどうになっており、船の重さは船の体積たいせきと同じ分量の水より軽いため、水に浮かぶのです。船は自分が押しのける水の重さと自分の重さがつりあうところで浮かぶため、荷物をたくさんつんだ船は深く沈み、あまり荷物をつんでいない船は浅くしか沈みません。