神戸の水道がわかるみずトピア

ふりがな MENU

水の研究ノート

森が水をきれいにする

空から雨がふって、ふった雨はやがて海へと流れていきますが、このとき森がとても大切な働きをします。森には木の根がはりめぐらされ、落ち葉などが何重にもふりつもり、やわらかい土のそうあつくつもっています。森にふった雨は、スポンジが水を含むようにいったんこの厚い土の層にたっぷりと含まれ、そしてゆっくりと時間をかけて地面にしみ込み流れ出ていきますが、厚い土の層をくぐり抜けるあいだに、汚れなどのいらないものが取り除かれ、かわりにミネラル分を含んで、きれいなおいしい水になって、地面からきだし、川をとおって海へと流れていきます。
もし森がなければ、ふった雨は地面の汚れを含んでそのまま湖や海に流れ込みます。また、ふった雨がいったんたくわえられることなく一気に流れていくので、川の中流や下流の部分では洪水こうずいなどが発生するおそれがあります。森は、見えないところで私たちの生活を守ってくれているのです。