神戸の水道がわかるみずトピア

ふりがな MENU

大解剖だいかいぼう!神戸の水道

神戸の水道の特徴とくちょう

神戸の水はどこから来るの?

神戸市には大きな川や湖がありません。小さな川の水やわき水を利用したり、水をためておく貯水池ちょすいちをつくったりして、必要な水を用意しています。それでも、市民が使う水の約4分の1にしかならないので、残りの約4分の3は滋賀県しがけん琵琶湖びわこから流れ出す淀川よどがわの水で作った水道水を買って、長いパイプやトンネルを使って神戸まで運んでいます。また、神戸市のまわりにあるダムからも水を買い、水が不足しないようにしています。

神戸市が1日に用意している水

神戸市が1日に用意している水
神戸市が1日に用意している水

坂が多いから送るのが大変

神戸は坂が多いまちなので、水を送るのはほかのまちより大変です。水は高いところから低いところに流れるときにいきおいがつきます。家がある高さによってじゃ口から出る水のいきおいがばらばらにならないように、きれいになった水をためる配水池はいすいちを使って工夫くふうしています。土地の高さが高いところはポンプでより高いところにある配水池はいすいちに水を送り、ちょうどよいいきおいで水が出るようにしているのです。神戸市内の配水池はいすいちの数は、坂の少ない大阪市おおさかしの13倍もあります。