神戸の水道がわかるみずトピア

ふりがな MENU

大解剖だいかいぼう!神戸の水道

神戸の水道の仕組み

みんなに水を届けるために

神戸の水道は、明治めいじ33年(1900年)に日本で7番目に誕生しました。近くに大きな川のない神戸では、布引ぬのびきたきの上流に貯水池ちょすいちをつくり、今の中央区ちゅうおうく兵庫区ひょうごくの一部に水を送っていました。その後、神戸市の面積が大きくなったり、人口が増えたりしていくのにあわせて、貯水池ちょすいちをさらに2つつくり、それでも水が足りなくなったため、淀川よどがわの水を使うようになりました。

きれいな水に変身させよう

川や湖、貯水池ちょすいちの水はそのままでは飲めません。目に見えないばいきんや小さなごみを取りのぞくために、浄水場じょうすいじょうでは毎日、貯水池ちょすいちなどから送られてくる大量の水をきれいにして飲み水に生まれ変わらせています。

水道の施設しせつはこんなにいっぱい!

貯水池

有効容量ゆうこうようりょう
布引ぬのびき ・・・ 601,028m3
烏原からすはら ・・・ 1,315,139m3
千苅せんがり ・・・ 11,244,266m3
合計:3カ所 ・・・ 13,160,433m3
貯水池の大きさ

浄水場じょうすいじょう

過能力かのうりょく 池・系列けいれつの数
上ヶ原うえがはら ・・・ 70,000m3/日 8池
奥平野おくひらの ・・・ 60,000m3/日 4池
千苅せんがり ・・・ 108,000m3/日 8池
本山 ・・・ 2,000m3/日 2系列けいれつ
六甲山ろっこうさん ・・・ 1000m3/日 1池
合計 ・・・ 241,000m3/日 23池・系列けいれつ

ポンプ場

ポンプ台数
市街地:32カ所 ・・・ 162台
北神:14カ所 ・・・ 62台
六甲山ろっこうさん:5カ所 ・・・ 11台
合計:51カ所 ・・・ 235台

配水池

容量ようりょう 池の数
126カ所 ・・・ 576,236m3/日 257池

学校のプール1,600はい分!

水道管(配水管)

長さ
4,819,737m

神戸からシンガポールまでの距離きょりと同じ!
(ご家庭の中の水道管はふくみません)

いつでも水が使えるよ!

配水池はいすいちにたくわえている水の量などは、「テレメータ・テレコントロールシステム」というコンピュータシステムを使って24時間監視かんししています。水の情報じょうほう奥平野浄水管理おくひらのじょうすいかんりセンターにある中央監視制御室ちゅうおうかんしせいぎょしつに自動で集まります。水道の使用量は、朝や夜のごはんを作る時に多くなりますが、使用量がえても、いつでも家や学校に必要な量がとどくよう調節しています。