神戸の水道がわかるみずトピア

ふりがな MENU

大解剖だいかいぼう!神戸の水道

神戸の水道の歴史

工事が始まったのはいつ?

慶応けいおう3年(1868年)に神戸港こうべこうが開港すると、神戸には全国から大勢おおぜいの人が集まり、産業が栄えるようになりました。まちはにぎやかになりましたが、飲み水に井戸水いどみずを使っていたため、コレラなどの伝染病でんせんびょうが流行しました。きれいで安全な水が飲めるようにするため、水道をつくろうという声があがり、明治めいじ26年(1893年)に水道をつくることが決まりました。

そこで、その頃水道技術の先進国だったイギリスの技師ぎしバルトンが設計せっけいし、布引谷ぬのびきだに貯水池ちょすいちをつくることになりました。生田川いくたがわとの間にくらす25万人に水を使ってもらう計画でした。

工事は明治めいじ30年(1897年)5月に始まり、明治めいじ33年(1900年)に布引貯水池ぬのびきちょすいち奥平野浄水場おくひらのじょうすいじょう北野浄水場きたのじょうすいじょうができました。神戸の水道の誕生たんじょうです。横浜市よこはまし函館市はこだてし長崎市ながさきし大阪市おおさかし広島市ひろしまし東京都とうきょうとぐ、日本で7番目の水道でした。大正たいしょう8年(1919年)5月には、千苅貯水池せんがりちょすいち完成かんせいしました。千苅は今も神戸市内で最大さいだい貯水池ちょすいちです。

水害すいがい戦争せんそうでこわれたことも

昭和しょうわのはじめになると、神戸港こうべこう発展はってんし、神戸市の面積も広がったため、神戸にはますます多くの人と産業が集まるようになりました。水が不足するようになり、できるだけたくさんの水を送るための工事が行われました。昭和しょうわ11年(1936年)7月には、淀川よどがわから水を取るために阪神上水道市町村組合はんしんじょうすいどうしちょうそんくみあい(今の阪神水道企業団はんしんすいどうきぎょうだん)がつくられ、神戸や芦屋あしや西宮にしのみや尼崎あまがさきの4市に淀川からの水を送って水道をささえる仕組みができましたが、実際じっさいに水が送られたのは昭和17年(1942年)からでした。

昭和しょうわ13年(1938年)には大きな水害すいがいが起きました。7月3日からり始めた雨は、次の日もその次の日もやまず、記録的きろくてき豪雨ごううとなりました。水道管すいどうかんはこわれ、貯水池ちょすいちはや木が流れこむ被害ひがいを受け、元にもどすまでに約3カ月がかかりました。

昭和しょうわ16年(1941年)ごろから戦争せんそうがはげしくなり、空襲くうしゅうでは配水管はいすいかんなどに被害ひがいを受けます。戦争せんそうが終わると、水道管すいどうかんの水もれが多くなっていました。

震災しんさいを乗り越えて100年をむかえたよ

戦争せんそうが終わると人口が増え始め、水道を広げる工事があちこちで行われました。昭和しょうわ60年(1985年)には、神戸市内のすみずみまで安全な水道水が届くようになりました。

平成へいせい7年(1995年)1月17日に起きた阪神はんしん淡路大震災あわじだいしんさいでは、神戸の水道は大きな被害ひがいを受けました。水道管すいどうかんがこわれて水が出なくなったのです。水道局すいどうきょくでは、全国の都市からの応援おうえんをうけて、給水車きゅうすいしゃで運んだ水を配る給水活動きゅうすいかつどうと、水道を元にもどす復旧工事ふっきゅうこうじを休みなく続けました。それでも、神戸市全体ですべての復旧作業ふっきゅうさぎょうが終わったのは、地震じしんから3カ月後の4月17日でした。

震災の教訓から、水道局すいどうきょくでは、いつかまた災害さいがい事故じこが起きた時に、こわれない、止まらない、強い水道をつくるため、その年の7月に新しい計画を立てました。計画にそって、地震じしんに強い大容量貯水槽だいようりょうちょすいそう大容量送水管だいようりょうそうすいかんなどをつくっていきました。そして、平成12年(2000年)、神戸の水道は100周年をむかえました。

年表

明治
25年 1892年 水道をつくるための計画を立てた
30年 1897年 水道をつくる工事を始めた
33年 1900年 布引貯水池ぬのびきちょすいち奥平野浄水場おくひらのじょうすいじょうができた
神戸にはじめて水道ができた(日本で7番目)
38年 1905年 烏原貯水池からすはらちょすいちができた
大正
6年 1917年 上ヶ原浄水場うえがはらじょうすいじょうができた
8年 1919年 千苅貯水池せんがりちょすいちができた
昭和
11年 1936年 阪神上水道市町村組合はんしんじょうすいどうしちょうそんくみあい(今の阪神水道企業団はんしんすいどうきぎょうだん)ができた
17年 1942年 淀川よどがわの水を使い始めた
33年 1958年 垂水区たるみくまで水を送るトンネルができた
37年 1962年 六甲山ろっこうさんに水道ができた
39年 1964年 奥平野おくひらのまで水を送る2本目のトンネルができた
42年 1967年 北区に新しい水道が完成した(千苅浄水場せんがりじょうすいじょう
60年 1985年 市内のすみずみまで水が届くようになった
平成
元年 1989年 水の科学博物館かがくはくぶつかんができた
5年 1993年 高度浄水処理こうどじょうすいしょりをした水が送られるようになった
7年 1995年 阪神はんしん淡路大震災あわじだいしんさいで大きな被害ひがい。雨不足で千苅貯水池せんがりちょすいちがひあがった
10年 1998年 大容量送水管だいようりょうそうすいかんの工事を始めた
12年 2000年 神戸の水道100年
17年 2005年 布引ぬのびきダム耐震補強工事たいしんほきょうこうじが完成した
28年 2016年 大容量送水管だいようりょうそうすいかんが完成した